男性における性器ヘルペスの症状について

ヘルペスの症状について考える男女

性器ヘルペスは性感染症の一つとして知られていますが、性感染症の中でも最も一般的な感染症と言われています。
感染経路は性的な接触で、ウイルスの名前は単純ヘルペスウイルスです。
単純ヘルペスウイルスには1型と2型が存在しており、性器やお尻といった下半身の部分に症状を起こすのは単純ヘルペスウイルス2型です。

罹ったことがある人が多いため一般的な性感染症と言われていますが、男性と女性では症状が現れる部分が少し異なります
基本的な症状の現れ方は似ていますが、性別で特徴的な症状の出方があるので、万が一の時のために知っておくことが大切です。

性器ヘルペスは女性だけがなる性感染症と思われていることもあるようですが、男性にも起こり得ます。
男性が単純ヘルペスウイルス2型に感染して性器ヘルペスを発症した場合、陰茎体部・亀頭・肛門周辺・直腸粘膜・お尻・太股などに症状が現れます
最も現れやすい部分は、陰茎体部と亀頭です。

症状としては、日を追うごとに悪化していきます。
発症して1日目くらいの頃は、患部がヒリヒリし、むずがゆい感じがします。
表面的な症状なので、違和感がするだけで見た感じでは発症していることが分からないかもしれません。

発症して2日から10日くらい経つと、かゆみのある水ぶくれや赤みを帯びたブツブツができます。
水ぶくれやブツブツが破れてしまうと、強い痛みが起き、痛みと共に熱を持つことがあります。
症状の進行につれて太股のリンパ節が腫れるようになるので、骨盤と脚の境目を触って確認します。

このように基本的な症状は、かゆみと痛みです。
また、症状の原因はヘルペスである場合、場所や重症度によっては排尿時の痛みが起きることがあるので、性器ヘルペスを発症したからといって全ての人が同じ症状になるとは限りません。
単純ヘルペスウイルス2型が全身に巡った時には、全身の倦怠感や発熱が起きます。

性器ヘルペスの原因菌である単純ヘルペスウイルス2型はウイルスであるため、体内へ侵入してきた時は体内に存在している免疫が退治しようと頑張ります。
リンパは体外に排出する必要のある有害物質を運ぶ役割があるため、不要なウイルスが体内に入るとリンパ節が腫れます。

退治する段階では熱によって殺菌する時に発熱すると言われており、ヒリヒリするブツブツができるのも体内の免疫がウイルスに抵抗している証拠です。
性器や太股などに症状が現れている段階で早めに治療を行うことで、肛門や直腸粘膜にまで症状が進行することを防ぐことが可能です。

体調によっても症状の現れ方・進行速度・重症度が異なり、疲労があって免疫力が低下していると症状は重症化しやすい傾向にあります
性器ヘルペスの怖いところは気付かれにくいことで、感染しているけど発症していない又は発症に気付かずに性交渉を行い、感染が広まっていきます。

性器ヘルペスは免疫力がしっかりと存在していれば、自然治癒する感染症です。
しかし現状を見てみると性器ヘルペスは一般的な性感染症と呼ばれるまでに感染している人が多いことが明らかになっているので、自然治癒に自信を持つよりも病院で診てもらうことをおすすめします。
また、インターネットでヘルペスに効果的な薬を購入する手段もあります。
ヘルペスにはゾビラックスという薬を使用すると早期に効果を期待することができるでしょう。

男性の性器ヘルペスの初発と再発での症状の違い

単純ヘルペスウイルスは一度体内に入り込んでしまうと腰仙骨神経節の神経細胞に棲みつく特徴があるため、初めて感染した時に抗体ができたとしても機会があれば再発します。
機会というのは外傷・体力の衰退・免疫力の低下などで、単純ヘルペスウイルスは潜伏感染することから症状が治まったとしても油断できないとされています。

男性が感染して発症した時に起きる症状をヒリヒリ感・かゆみ・赤みを帯びたブツブツ・水ぶくれ・排尿時の痛み・リンパ節の腫れ・倦怠感・発熱と言いましたが、これら症状は初発時に起きる症状です。
再発時にも初発時と同じような症状が起きますが、初発時と健康状態が違う場合は初発時に起きたこととは別の症状が起きるかもしれません。

性器ヘルペスには急性型と再発型と誘発型があり、それぞれ症状の現れ方が違ってきます
急性型は初発のことで、3種類の中で最も症状が重くなりやすいとされます。
初発の段階では抗体が作られていないため、再発時より症状が強く現れやすいようです。

再発は急性型が治まっていることが前提で、表面的な症状は無くなった状態の時に性交渉や免疫力低下などの要因が重なった時に再発します。
単純ヘルペスウイルスは一度感染すると常在菌のように常に体の中に存在することになるので、免疫力が低下すると表に症状として出てきます。

誘発型は単純ヘルペスウイルスに感染したけど発症しなかったタイプで、感染して1日から10日前後経っても症状が現れず、感染してからもっと時間が過ぎた頃に発症します。
感染後すぐに発症しなかった理由は免疫力の関係とされているので、免疫力低下が著しい状態にあると重症化する傾向にあります。
菌の増殖を抑えるバラシクロビルを使用して早期の症状改善と予防を行うと良いでしょう。

男性の性器ヘルペスでは、初発時と再発時の症状に大きな違いはみられません。
違いとして挙げられることとしては、初発の時よりも再発の時の方が症状が軽いということです。
再発時には抗体が体内に存在しているため、抗体のない初発時よりも症状が軽く済みます。

先述の通り、初発(急性型)の時には性器部分に不快感や違和感、かゆみや痛みなど嫌な症状が現れます。
赤いブツブツや水ぶくれといったできものが生じた場合は、破れた時には激痛となり、更に悪化すると潰瘍化することもあります。
倦怠感や発熱も行動力に影響するので、仕事や生活に支障をきたす場合もあります。

急性型の症状が現れたら、再発しないように健康管理に気を付けることをおすすめします。
免疫力を低下させないように生活習慣を整え、性交渉をする時には清潔さを考えるようにします。
子どもを作ることが目的ではない性交渉の時には、清潔さに加えて避妊具の着用をすることで感染リスクの軽減と再発の機会を予防することにつながります。

厄介なのは誘発型で、急性型が現れないと感染していることに気付きにくいため感染を広め、誘発型として現れる時がくるかもしれません。
感染の心配がある性交渉を行った後は病院へ行って性感染症の検査を行うと誘発型の可能性を知ることができるので、可能性が明らかになった時には免疫力向上を意識した生活を過ごし、性的な行為を行う時も不備のないようにしましょう。

女性における性器ヘルペスの症状について

性病が発症しやすい子宮

男性の性器ヘルペスについて分かったところで、女性が単純ヘルペスウイルス2型に感染して性器ヘルペスを発症した時に生じる症状について確認していきましょう。
女性に起きる性器ヘルペスの症状は、水ぶくれ・潰瘍・痛み・排尿困難・発熱・リンパ節の腫れなどです。

症状が起きる場所は膣入口・外陰・お尻・子宮頸管・膀胱などで、症状が現れやすいところは膣入口・外陰・お尻とされています。
子宮頸管や膀胱にまで症状が広がってしまった場合は進行している段階で、稀なケースですがリンパを伝ってウイルスが髄膜にまで達した結果として髄膜炎を起こした症例もあるようです。

男性と同様に、感染して発症した1日目くらいは違和感を覚えます。
2日目から10日前後になると水ぶくれなどのできものが生じますが、女性の方が陰部が下着とこすれやすい上に蒸れやすいことから潰瘍化しやすい傾向にあるとされます。

尿道の入り口もこすれやすい部分にあることから、排尿が困難になるほどの痛みを起こしやすいとされています。
こすれ・蒸れ・免疫力低下といった悪条件が重なり症状が進行すると、患部が熱を持つことがあります。
男性と同じように、全身が発熱することもあります。

倦怠感による不調感が生じることもありますが、女性は月経周期などで倦怠感などの不調になりやすい時期が訪れるため、性器ヘルペスの症状と気付かれにくいことが多いです。
排尿困難までの痛みが生じた時には異変を感じて診てもらう方は少なくないようですが、かゆみや痛みがあっても自然治癒で治ってしまうと気にしない方も割といます。

自然治癒で治ってしまった場合、健康に気を付けないと再発を繰り返すことになるでしょう。
自然治癒しない場合は、早めに対処しないと子宮頸管や膀胱まで性器ヘルペスが進行する可能性が高くなるので、性器部分に何かしらの異常を感じたらできるだけ早めに診てもらうようにすると安全です。

ウイルスが髄膜にまで達したら髄膜炎になると言いましたが、髄膜炎になると強い頭痛がするので心身的に良くありません。
性器ヘルペスによって髄膜炎になるのは稀なケースですが、用心するに越したことはありません。

排尿困難にまで至ると、便も出しにくくなります。
正確に言えば、便を出そうとする時にも排尿時と同じように痛みが走るため便を出したくなくなるのかもしれません。
排便に苦痛を覚えると、便秘になる可能性があります。
便秘は免疫力を低下させることに繋がるので、性器ヘルペスによって便秘になっては悪循環です。

女性はホルモンバランスの変化が日常の中で起きやすいことから、性感染症がなくても体調に異変が生じやすいと言われています。
単純ヘルペスウイルスは性器の異変だけでなく倦怠感などの心身的に悩まされる症状を引き起こすので、性器付近がむずがゆいとか排尿時に痛みを感じるなどの異変・違和感・不快感があったら、病院で診てもらうと良いでしょう。

感染しないように、相手に感染させないように気を付ける意識も大事です。
清潔さも心がけて、健康にも意識をすることで感染に対して強くなります。

女性の性器ヘルペスの初発と再発での症状の違い

女性の再発時も男性の再発時と同じように、初発時の症状が軽くなって現れます
軽くなると言っても再発した時の免疫力などの状態によって経度ではない場合もありますが、基本的には初発時よりも再発時の方が症状は軽度になります。

膣入口・外陰・お尻に生じた痛み・腫れ・かゆみは、初めて症状が起きた時よりも何かしらの機会で再び起きた時の方が痛みも少なく腫れも弱く、かゆみもそれほど気にならないかもしれません。
何かしらの機会も男性と同じで、性交渉や免疫力の低下です。

再発を防ぐためには性交渉の時に感染経路を作らないことが大事で、不特定の人と性交渉を行わないことは最もですが、避妊具を着用すること・症状のある相手とは性交渉を行わないこと・患部を触らないことを意識します。

避妊具に関しては完璧な予防は難しいと考えられていますが、そう言われている理由としては避妊具の表面にウイルスが付着している可能性があるからです。
性交渉の始めの段階で着用するのは悪いことではありませんが、表面にウイルスがつくようなことがあれば意味がありません。
性交渉を始めてしばらくしてから着用する時には手など、避妊具に触れる部分を清潔にした状態で着用することが望ましいのですが、現実的にそこまで徹底することは難しいと言われているため避妊具による完璧な予防は難しいと考えられています。

そのため、常に意識すると良いことは症状に触れないことです。
自分自身に起きている症状もそうですが、症状が出ている人の患部には触れない方が良いです。
発症している人の体では単純ヘルペスウイルスの活動が活発になっているので、患部に触れると感染しやすいことが判明しています。

感染しても症状が現れていない、または初発後に治って体内にウイルスは存在しているけど現時点では症状が現れていない場合は症状が出ている時よりも感染率がかなり下がります。
もう一つのデータでは固定したカップルの性交渉による感染率は10%未満とされているので、不特定の人と性交渉を行うことは感染リスクの増加に繋がります。
女性は洋式トイレを使用する時に座りますが、この時にウイルスが便座に付着することがあります。
用を足した後にトイレットペーパーで陰部を拭く時にも、手にウイルスが付着します。

感染や発症が明らかになっている方は、便座にウイルスを付着させないように患部が便座につかないように気を付けます。
明らかになっていない又は治っている方は、便座に座る前に消毒用エタノールで便座を拭くと良いです。
最近はお店のトイレでも消毒用エタノールを置いているところが増えたので、活用しましょう。

トイレを終えたら、水だけでなく石鹸も使って手を洗います。
家でも同様のことを実施することで、家族や来客者に感染させるリスクが軽減され、自分に影響するリスクも軽減できます。

ヘルペスウイルスは熱や乾燥に弱いため、通常の環境下であれば安定するウイルスではありません。
あまり神経質になる必要はないとされていますが、適度に気を付けることは大事だと思います。