ヘルペスにかかったら何科へ行く?治療費は?

ヘルペスの症状が出ている人間と直接接触してヘルペスウィルスが感染してしまい、唇や唇の周りなどに小さな水ぶくれが複数出てしまう症状を「口唇ヘルペス」と呼びます。水ぶくれは痒みや痛み、皮膚の腫れなどを引き起こしてしまうのでつい気になって指で触ってしまう方が多いですが、水ぶくれを破いてしまうと中にヘルペスウィルスが体の様々な部位に付着する可能性がありますので、他の部位にも水ぶくれが出来てしまう危険があり、他人に感染させる原因となっていまいます。

口唇ヘルペスは、完全潜伏型のウイルスとなっており、症状が出ていない場合も完治したわけではないので、風邪や疲労が蓄積しているときなど体の免疫力が低下している時などに症状は再発してしまう特徴があります。
そのためヘルペスの症状が出た経験のある方は、肌のピリピリとした痛みなどを感じた場合ヘルペスの前症状だとわかりますので、早めに病院にかかることが短期間で症状を改善させる近道となるのです。

市販されている治療薬を利用する方法もありますが、適切な治療を受けるためにも病院にかかりたいという場合には何科に受診すれば良いのか判断することが出来ない場合もあります。

ヘルペス治療の病院のイメージ基本的に皮膚のトラブルの場合、最初に受診するべきなのは皮膚科だと言われています。特に唇や唇の周りに出来てしまう口唇ヘルペスの場合は皮膚科に通うことで適切な治療や、処方薬を出してもらえるので自然完治を目指すよりも、短期間で症状を改善させることが出来ます。

ただヘルペスという病気は、人によって症状が出る部位が異なる特徴があり、口の中や喉に出来てしまった場合は、まずは内科を受診することで適切な診療科目に移動することが出来ますので、皮膚ではない口内の粘膜に近い部分の症状なら、内科や口腔外科、耳鼻咽喉科などを受診することが基本です。

また、ヘルペスは場合によっては性器などデリケートゾーンにできてしまう場合も少なくないので、女性の場合産婦人科、男性の場合は泌尿器科などを利用するのも1つの方法です。最初から症状が出てしまった部位がわかっていれば受診する病院や、何科を利用すれば良いのか判断しやすくなりますので事前によく確認をしておくことをおすすめします。

何科に受診すれば良いのか分からない場合には、最初に内科に行くようにしておくと皮膚科や泌尿器科、産婦人科など適切な科目をきちんと医師が判断してくれるので安心です。

ヘルペスの治療に保険が効かないときがあります

ヘルペスは一度感染してしまうと、完全に完治することは難しいので、体の調子を見ながら上手く付き合っていくことが大切になります。特に体の免疫力が低下しやすいホルモンバランスの崩れやすい期間や、風邪をひいているときなどに顔の半分がピリピリした痛みを感じたりすると、ヘルペスが出来るという初期症状に当たるので、事前に塗り薬などを塗っておくと水ぶくれが出来る前に症状を抑えることが出来るメリットがあります。

これに備えて自宅で塗り薬をおいておきたいと、皮膚科や泌尿器科、内科などでヘルペスの薬を処方してもらおうとしても、実際に症状が出ていない場合に受診をしても、適切なヘルペスの症状が出ているのか医師側としては判断することが出来ないので、場合によっては保険が利用できない恐れがあります。

以前に症状が出て同じ病院に通った通院情報が残っていれば、医師によっては薬の処方箋を出してくれる場合もありますが、基本的には症状が出て病名がつかない限り治療費は勿論、薬の保険診療は認められていないので、事前にヘルペスの薬を用意しておきたいと思っている方には注意が必要です。

どうしても薬を常備しておきたい場合には、ドラッグストアでも薬を購入することが出来るので、保険がききませんが購入しておくことをおすすめします。