ヘルペスに効く市販薬の紹介

市販薬ヘルペスは男女共になり得るウイルス性の疾患で、ウイルスには1型と2型が存在しています。口唇に症状を出すのは1型で、下半身に症状を出すのは2型と説明しましたが、口唇ヘルペスを治すことができる市販薬があるのか気になる方もいるかと思います。

口唇ヘルペスに対して病院で処方されるお薬は、内服タイプで保険適用したとしても1錠あたり500円以上することが多いので、高いと感じられて市販薬に目を向ける方も少なくありません。

ヘルペスウイルスは一度感染すると症状が治まった後も体内に存在し続けているので、免疫力が弱ったり傷などができたりすることで、再発しやすい特性があります。そのため、再発する度に費用がかかっては経済的に痛いことがあるでしょう。

また、口唇ヘルペスのお薬は処方量の上限が定められていて、その上限量は5日分です。5日分しかストックしておくことができないとなると、不便なこともあります。人によっては短期間の中で再発を繰り返す場合があるので、もっと多くのストックがあった方が精神的にも安心を感じられるかもしれません。

口唇ヘルペスの治療のために使用するお薬は、経済的にも負担が大きく、治すことに時間がかかるだけでなくお薬を貰いに行く時間も要します。お仕事をしている方や家事や育児で忙しいなどで予定の調整が難しい方は、お薬がほしくても行けない状態が生じることもあります。

そこで活用したいのが、市販で販売されている口唇ヘルペスのお薬です。病院で処方されるものが服用タイプであるのに対し市販薬は塗るタイプであるため、若干効果の現れ方は劣るかもしれませんが、ドラッグストアや薬局といった病院よりも手軽に入手しやすい場所で販売されているので、忙しい方でも買いに行きやすいと思います。

ドラッグストアで販売されている口唇ヘルペスに対するお薬の中で人気が高いのは、アラセナS・アクチビア軟膏・ヘルペシアクリーム・ヘルペエースです。アラセナには、アラセナSクリームという商品もあります。これらは全て第一医薬品に属しているので、安全性の確認もきちんと行われており、認められている薬品です。

再発しそうな感じがした時、治したいけど病院にまで行っている時間がない又は病院には行きたくない時などは、市販のものを活用することをおすすめします。市販のものにもそれぞれの特徴や個々の違いがあるので、自分のニーズに合った商品を選ぶようにしましょう。

市販されているヘルペス治療薬の違いや選び方

【アラセナS】
2種類ありますが、一つは軟膏タイプで、もう一つはクリームタイプとなっており、クリームタイプの方が利便性に優れていることから割高となっています。アラセナSにはビダラビンと呼ばれる抗ウイルス成分が30ミリグラム配合されていて、少量でも効果を発揮するように作られています。基本的にヘルペスに対する市販のものは量が少ないので、1日1回から4回を患部につけるだけのアラセナはお得に感じられます。

【アクチビア軟膏】
口唇ヘルペスの市販薬では最も知名度の高い商品で、抗ウイルス成分アシクロビルが50ミリグラム配合されています。アシクロビルはアラセナのビダラビンより効果が出るまでに時間がかかるといわれていますが、アクチビアには患部保護と保湿効果を出すマクロゴールが配合されています。塗った後は白く残るため、外出しない時に塗るのが向いています。

【ヘルペシアクリーム】
アクチビアと同じ抗ウイルス成分アシクロビルが50ミリグラム配合されていますが、アクチビアより目立たない使用感が魅力です。クエン酸やステアリン酸ソルビタンなどの保存料が含まれているので、保存料が合わない方には不向きです。アレルギー反応を起こさないのであれば、使用感と成分的には便利です。

【ヘルペエース】
アクチビアとヘルペシアクリーム同様、ヘルペエースにはアシクロビルが50ミリグラム配合されています。マクロゴール配合なところもアクチビアと同じで、似ている部分が多いとされています。経済的には他の商品と差があまりなく、取り扱い店舗も少ないことからあまりメリットはないと言えます。