ヘルペスに感染する主な原因について

ヘルペスとは、顔面や唇・性器などの一部に水泡が生じる「単純疱疹」、体の半身に帯状に水泡が生じる「水ぼうそう」「帯状疱疹」を総称した病になります。これらはどれも、体のどこかに水泡が生じるという点では一致していますが、原因となるウイルスが異なります。そのため感染経路、発症原因は病によって変化します。

接触、空気中、咳で感染するヘルペスまず「単純疱疹」ですが、これは「単純ヘルペスウイルス」によって引き起こされます。このウイルスはどこで繁殖しやすいかによって、さらにHSV-1型とHSV-2型の2種類に分かれます。そのため細かい感染経路はウイルスの種類によって変化しますが、どちらも接触により感染するという共通点があります。

主に顔面や唇で繁殖しやすいHSV-1型の主な感染経路は、接触によるものです。唇への接触として主に考えられるのが、キスです。たしかにキスは主な繁殖場所である唇や顔面に直接触れる行為なので、感染のリスクはとても大きいです。ただし、キスをしないからといって必ずしも安心ではありません。

例えばHSV-1型のウイルスは、患者の唾液に含まれていることもあります。そしてその患者がくしゃみや咳をすると、細かい唾液が他の人の皮膚や粘膜についてしまいます。この場合も、直接接してはいませんが、感染経路の一つとなっています。さらに、ウイルスがついた手で他のものを触った場合、そのものを介して感染する危険性もあります。

HSV-1型の場合、まずは患者と接触しないことが基本となります。特にキスは直接患部に触れる行為となるため、できるだけ避けるようにします。

一方、HSV-2型は主に下半身や性器で繁殖するウイルスです。そのため、感染経路は主に性行為による接触となります。この場合、コンドームをつけて直接的な接触を避けることで、ある程度予防することは可能となっています。

一方、「水ぼうそう」「帯状疱疹」の原因となるのは、「水痘帯状疱疹ウイルス」というウイルスです。このウイルスは「単純ヘルペスウイルス」と同様、くしゃみやせき、接触、さらには空気中にいるウイルスを吸い込んでしまうことによっても感染する恐れがあります。

なお、この「水痘帯状疱疹ウイルス」は主に小さい頃感染するウイルスです。というのも、一度感染すると免疫が生まれ、再び同じウイルスにかかることは少ないためです。ただし、このウイルスは「水ぼうそう」として小さい頃発症した後、一度神経の中に隠れてしまいます。そしてストレスなどにより免疫力が低下した段階で、「帯状疱疹」として再び症状が現れることがあります。

ヘルペスはトイレでの便座から感染することもある

ヘルペスの原因となるウイルスはいくつかありますが、成人が特に気をつけるべきは「単純ヘルペスウイルス」です。そしてこのウイルスは、トイレの便座から感染することもあります。

単純ヘルペスウイルスの感染経路は主に接触によるものです。もし下半身や性器にウイルスがいた場合、トイレの便座にウイルスが付着、次に使用した人にうつってしまう危険性があります。そのため、できればトイレの使用前・使用後は便座を消毒液などで拭くことをおすすめします。

なお、主にヘルペスに感染する恐れのあるトイレは、「洋式トイレ」に限られます。というのも、「和式トイレ」や男性用の小便器は直接肌が触れることが少ないため、あまりうつる危険性もないのです。もし不安な場合は、あえて洋式トイレを使用せず、和式トイレなどを使用するのも一つの手です。

そして、洋式トイレでうつる恐れがあるのは、HSV-2型ウイルスです。このウイルスは下半身や性器で症状が現れやすく、さらにHSV-1型に既に感染している場合は無症状となることも多いです。そのため、無自覚のうちに他の人にうつしてしまう危険性もあるため、注意が必要です。

なお、このウイルスは浴槽の共有などでもうつる危険性があります。もし症状がある場合は、できるだけ他の人と何かを共有することは避けるようにしましょう。